株式会社日本ハウジングセンター

太陽光発電システム・オール電化のことなら株式会社日本ハウジングセンターへおまかせください

フリーダイヤル0800-222-6666

蓄電池

TOP > 蓄電池

蓄電池とは

蓄電池は、電気を蓄えておき、必要な時に必要な分だけ使うことができます。
かつては産業用で使用されることがほとんどでしたが、節電や防災などの関心が高まり、家庭用蓄電池が注目を集めています。
また、太陽光発電と組み合わせることで、作り出した電気を貯めて使用することができ、停電時にも電気の自給自足ができる様になります。「スマートハウス」の中核となる設備です。
蓄電池は太陽光発電と違い、利益を生み出すものではありませんが、節電などメリットがあります。

蓄電池のメリットとは

停電時でも電気が使える

地震や豪雨といった自然災害や、送電線の断線などで停電してしまった際、家庭用蓄電池はバックアップ電源として使用することができます。蓄電池を導入する一番のメリットです。 停電時9.8kwhの蓄電池でこれだけ使えます。LED電球(約30W)約278時間点灯/32型液晶テレビ(約100W)約83時間視聴可能/電子レンジ(約1000W)約8時間稼動/冷蔵庫(約50W)約167時間稼動

電気代を節約

割安な夜間電力を使用し、深夜に蓄電池に電気を蓄えます。
蓄えた電力を昼間などの電力ピーク時に使用することで、電力会社から購入する日中の電力量を抑制(ピークカット)。
蓄電池に貯めた割安な電力を、昼間に使用することができるので、電気料金が削減できます。
※オール電化住宅でない場合は、電気料金プランの変更が必要な場合があります。 ピークカットが電気代節約のポイント

太陽光発電システムと併用の場合/太陽光発電と組み合わせて更なるメリット!

スマートハウス化
自給自足を目指す

買電量ゼロを目指し、日中、太陽光で発電した電気を使用と蓄電池への充電を行い、余った電気は売電を行います。
発電ができない夜間は蓄電池の電気を使用します。

自給自足を目指すの図
売電しつつ、購入電力を最小限に

日中は太陽光で発電した電力を使い、余った電気は売電します。売電している間は、蓄電池に貯まった電力の放電は停止します。日中の電気使用量が少なく、発電容量が多いご家庭にオススメです。

売電しつつ、購入電力を最小限にの図
一派先行く省エネ生活始めませんか

詳しくはご連絡ください

オール電化・太陽光発電システムのお問い合わせは日本ハウジングセンターへ 0800-111-3433 オール電化・太陽光発電システムのお問い合わせ
日本ハウジングセンターページTOPへ