NHC GROUP(グループ)採用情報サイト

トップページ > 社員インタビュー > 諫早支店 次長 高口 浩二

どんな状況であれ、今を楽しみ、今やっている事を好きになる。その為に、常に努力を怠らない。

株式会社日本ハウジングセンター 諫早支店 次長 高口 浩二

営業職になる前は、地元を離れ、サービス業(飲食)をしていました。閉店をきっかけに地元長崎に戻り、
営業職に足を踏み入れました。
保険代理店で10数年間働き、独立しましたが上手くいきませんでした。
まもなく求人募集のあった、日本ハウジングセンターに入社しました。
ここはすごい活気があり、社員一人ひとりが明るい雰囲気がありました。
日本ハウジングセンターは豊富な営業経験があるからこそ、この雰囲気があるんだと確信し、ここで営業職を極めようと思いました。

仕事の魅力 -私の仕事-

今、私は諫早支店で日々訪問営業と支店の拠点長として大きく分けて2つの仕事をしています。

1つ目の訪問営業は、日々の売上げ、目標件数に意識を集中します。身だしなみや立ち振る舞い、お客様のメリットをどう伝えていくか?頭をフル回転させて時間も効率よく使わなければいけません。
自分をしっかり見つめる事が非常に大切になります。
決して楽ではありません。ただ自分が日々の努力を怠らない事で、自分も周りのみんなも確実に成長していく事を知っているので、楽しんで日々の訪問営業に取り組めています。
2つ目の拠点長の仕事は、営業スタッフの教育管理が大切で、特に営業スタッフをよく観察する事が大切になってきます。
出勤時の行動、声をかけた時の反応によって、元気がなければ元気付けし、不満に思っている事がないか観察します。
その為に、日頃から声をかけやすい雰囲気を作るのに、拠点長は気分屋ではいけません。
毎日、元気で明るくある様に心がけています。
また、毎朝のミーティングでは、日々の反省も必要ですが、成功した体験から学びを大切にする事を重要視しています。
例えば「何が良くて今回の成約に結びついたのか?」
   「どうすればもっと上手くいくのか?」などを、
再度、「行動・言動」を振り返ってもらうようにすると、いつも前向きでいられる様になります。
営業スタッフを全員まとめようとすると大変ですが、一人ひとりと向き合い、お互いに成長していけるのは大変魅力のある職務です。

天職とは選ばれるものではなく、自分で選ぶもの!!

私は日本ハウジングセンターに入社する際、他社の営業職に10社応募しました。
その中で一番本音を語ってくれたのが日本ハウジングセンターでした。
皆さんも、たくさんいろんな会社の話を聞いてください。
天職とは選ばれるものではなく、選ぶものです。
私は日本ハウジングセンターを選んで本当に良かったと思っています。
なぜならば、次長という役職に就き、初めての幹部会議に出席したとき、日本ハウジングセンターの幹部全員が、全ての社員が経済的にも、精神的にも豊かになってもらいたいとの想いを持って会議を進行していたからです。
皆さん!!就職活動楽しんでください!!
そして、日本ハウジングセンターへのご応募お待ちしております。

NHC GROUPページTOPへ